アヴィラステージのオーディションで特待生の座を射止める方法!

>

即戦力になれる人が欲しい

日常の中での意識

オーディションを受けようとしているからには誰しもジャンルに合った勉強を日々重ねていることでしょう。

ボイストレーニング、ダンス教室、ウォーキング教室などの他にもワークショップに参加していたりもしますよね。

ある大御所歌手さんは、一歩家を出たらその瞬間から個人ではなくなり芸名の芸能人として存在するようにしているそうです。

日常生活の中でも常に自分が目指すジャンルの人間を意識して行動しているでしょうか。声の出し方、表情のつくり方、身体の動かし方。あなたを見て笑う人もいるかもしれません。しかし、人の前でパフォーマンスを披露する仕事に就こうとしているのですから恥ずかしがっているようでは話になりません。

家の中だけでなく外出している時間中もレッスンするのです。

現場の空気を知っておく

どこの養成所でもそうですが、審査員の前でのパフォーマンスをやり直す事はできません。

ここですべてが決まると思うと緊張して本来の能力が出せなくなりがちですよね。それは、一つにはそういう場面に慣れていないのが要因です。

審査の場にリラックスして臨むにはどうすればよいのか。これまでの努力を無にしないためには、現場の雰囲気に飲まれないようにしておく以外にありません。

求人サイトにエキストラ、モデル他のアルバイト情報が掲載されているのを目にしますよね。地域のイベントで参加者を募集する事もあります。そういった機会を捉えて場慣れしていきましょう。

衆人環視の現場でのパフォーマンスに自信を持てれば、審査員もこれまでの現場よりはかなり厳しい目で見ますが観衆の一人と思って自分を出せるようになるはずです。


Share