アヴィラステージで特待生になるには

アヴィラステージのオーディションで特待生の座を射止める方法!

即戦力になれる人が欲しい

基礎をクリアしている程度ではオーディションを通過できても特待生になるのは難しいと思って下さい。 自他ともに他の受験者に引けを取らないと自信を持てる実力を養っておくのは必要にして最低限の条件なのです。 すぐにプロとして仕事ができるだけの実力をつけておきましょう。

自分の特性を絞り込んでおく

芸能界で人気が出る人は必ず、印象に残る何らかの個性を持っています。その人でなければ持ち得ないといえる魅力ですね。 それがなければ、ただ歌が上手い人、演技が上手い人で終わってしまいます。自分の特性を把握し、それを魅力だと感じてもらえるくらいにまで高めるのです。

将来価値が上がる人

すぐに仕事に出せる実力、人の目に留まる魅力を兼ね備えているだけでなく、アヴィラステージのレッスンプログラムで育てていけば将来は必ず商材としての価値が上がると予想される人を求めています。 そこにカテゴライズされて始めて特待生になれるのです。舞台裏の地味で泥臭い努力に耐えられる人になりましょう。

下準備を怠らない

アヴィラステージは入所者を4段階で評価し、特待生はその頂点であるプロレベルとして認められた人にだけ与えられる特典です。

つまり、すぐに現場に出られる即戦力を持つが、レッスンを重ねれば光を増すだろうことを予想できる人材であるかが合否を分けるのです。

まず、芸能事務所はあなたの夢を現実に変えるためにあるのではなく、所属者の才能を商品として売る企業だという事を理解しておいて下さい。

商材として既に持っている才能をレッスンと現場での経験値によって向上させるのを目的として特別にレッスン料を免除するのが特待生制度なのです。

検索をしてアヴィラステージ特待生の合格者の記事を読み、こんなに合格者がいると捉えてはいけません。その裏には数千人の口を閉ざした落選者がいます。

大した用意もせずオーディションを受けてみたら合格したように書いている人もありますが、それは裏舞台を見せていないだけです。

合格者たちは審査員の目に留まるために、努力を重ね現在の実力を余すところなく発揮できるだけの周到な対策を練り上げてから臨んでいます。

また売れっ子と呼ばれる位置に着くにはプラスアルファの要因として人の印象にできるだけ強く残る魅力もなくてはいけません。自分の何が魅力として打ち出せるかを冷静に分析するのも必要です。

自分の能力を即戦力として使えるレベルまで引き上げ、それにプラスして審査員の印象に残る何かを身につけてオーディションを受ければ、特待生への道は開かれるでしょう。